会社案内

沿革

写真で見る歴史

繊維資材分野および
日中貿易の開拓と発展に貢献

1947年(昭和22年)5月、東工コーセン株式会社の前身である工業繊維株式会社は、ゴム業界と繊維業界の有力企業の資本参加によって設立されました。(後に株式会社コーセンユニバーサルに商号変更)

戦後の流通機構がまだ混乱していた当時、ゴム・繊維業界が必要とする関連資材を確保、供給することが、会社設立当初の基本的な役割でしたが、それらの流通業務に止まらず品質改善、新製品開発、幅広い情報提供などの業務を展開、専門的ノウハウを蓄積して、ゴム工業用・一般産業用繊維資材・繊維製品の供給分野で確固とした地盤を築いてきました。
 一方、1953年(昭和28年)12月、工業繊維株式会社は予て準備を進めていた対中国貿易専門商社東工物産株式会社を設立し、戦後中断状態にあった中国との貿易に取組みました。

1972年(昭和47年)の日中国交回復に先立つことおよそ20年、東工物産株式会社は日本と中国との間の初の大口輸出入取引を多数実現して、日中貿易正常化への道を開きました。また、各種プラント類、機械類、鉄鋼、化学品等の輸出、石油、石炭、化学原料、軽工業品、農産物等の輸入取引の実績を積み、日中間貿易の開拓と拡大に大きな役割を果たしてきました。中でも、80年代以降中国の改革開放政策の進展に対応して、多くの技術提携、合弁事業等を推進し、日中貿易に揺ぎない地歩を築いてきました。

また、歴代の会長、社長初め役職員の活躍は日中双方より高く評価されました。

1975年6月12日、周恩来首相の接見を受ける川瀬一貫社長。
周恩来首相最後の外国人接見となった。

1989年10月3日、北京人民大会堂に於いて開かれた中華人民共和国建国40周年記念レセプションにて、江沢民氏の総書記就任を慶祝する小林隆治会長。
小林会長は70年代、江沢民氏が機械工業部、機械工程学会勤務の頃からの知己であった。

1994年12月、中国日本友好協会から小林隆治会長に贈られた「日中友好使者」称号。

1994年12月、中国国際貿易促進委員会から小林隆治会長に贈られた「中国国際貿易促進委員会栄誉会員」称号。

2001年4月、北京・人民大会堂にて温家宝副総理の接見を受ける贄田興嗣社長。

2006年9月5日、2006年度日中経済協会訪中代表団は温家宝総理と会見した。当社贄田興嗣会長は代表団副団長を務め、訪中活動に参加した。

2007年9月27日、北京・人民大会堂にて温家宝総理の接見を受ける贄田興嗣会長。

2007年9月、中国国際貿易促進委員会の招待に応じ、2007年度日中経済協会訪中代表団(第33回)が訪中した。今年35周年を迎える日中経済協会は、設立以来最大規模の150人余りの訪中団を派遣した。9月27日、北京の人民大会堂にて、訪中団は温家宝総理の接見を受け、中日国交正常化35周年記念レセプションにも出席した。当社贄田会長は副団長として訪中に同行した。

2008年9月、当社贄田会長が2008年度日中経済協会訪中代表団(第34回)副団長として北京、四川省成都市を訪問した。21日、北京の人民大会堂にて、胡錦涛国家主席の接見を受けた。24日、四川省人民政府との全体会議に於いて「委託加工型外資企業の内陸展開について」と題し提言を行った。

2009年9月9日、北京・人民大会堂にて温家宝総理との記念撮影。
当社贄田相談役が2009年度日中経済協会訪中代表団(第35回)副団長として北京、安徽省を訪問した。
関係政府機関との全体会議の後、北京の人民大会堂にて、温家宝総理と会見した。

2009年12月2日、北京・人民大会堂にて習近平副主席との記念撮影。
当社贄田相談役が2009年日本国際貿易促進協会第35回訪中代表団の副団長として北京を訪問した。
交流会や商務部との業務会談の後、北京の人民大会堂にて習近平副主席と会見し、当面の中国経済や日中協力関係などについて会談した。

2010年7月4日、武漢にて記念撮影。
当社贄田相談役が2010年日本国際貿易促進協会第36回訪中代表団の副団長として湖北、湖南両省と北京を訪問した。
政府責任者や国家指導者との会談のほか、最終日に王岐山副総理との会見が実現し、日中関係や国際経済、多発するストライキ問題などについて意見交換を行った。

2010年9月8日、北京・人民大会堂にて李克強副総理との記念撮影。
当社贄田相談役が2010年度日中経済協会訪中代表団(第36回)副団長として北京、河南省を訪問した。 各政府機関との全体会議の後、北京の人民大会堂にて李克強副総理と会見した。

2011年7月24日、北京・人民大会堂にて温家宝総理との記念撮影。
当社贄田相談役が2011年日本国際貿易促進協会第37回訪中代表団の副団長として北京、甘粛省を訪問した。到着初日に温家宝総理との会見が実現し、総理からは日本の復興に対するエールが送られた。

2011年9月5日、北京・人民大会堂にて李克強副総理との記念撮影。
当社贄田相談役が2011年度日中経済協会訪中代表団(第37回)副団長として北京、広西、吉林省を訪問した。北京の人民大会堂にて李克強副総理と会見し、各政府機関との全体会議を行った。

2012年4月24日、北京・人民大会堂にて習近平国家副主席との記念撮影。
当社贄田相談役が2012年日本国際貿易促進協会第38回訪中代表団の副団長として北京、山東省を訪問いたしました。今年は、日中国交正常化40周年にあたり「日中国民交流友好年」としてセミナー、講演会、レセプションなどの記念活動を行った。

2013年3月22日、北京・人民大会堂にて李源潮国家副主席の接見を受ける贄田興嗣相談役。

2013年3月22日、北京・人民大会堂にて李源潮国家副主席との記念撮影。
当社贄田相談役が2012年度日中経済協会訪中代表団(第38回)副団長として北京を訪問した。北京の人民大会堂にて李源潮国家副主席はじめ中国政府指導者との会見において、日中経済関係の改善に向けた意見交換を行った。

当社贄田相談役が2013年日本国際貿易促進協会第39回訪中代表団の副団長として北京、福建省を訪問した。2013年4月16日、北京・中南海にて汪洋副総理と会見した。

当社贄田相談役が2013年度日中経済協会訪中代表団(第39回)副団長として北京、山西省を訪問した。2013年11月19日、北京の長富宮飯店にて汪洋副総理と会見した。

2014年4月15日、北京・中南海にて汪洋副総理との記念撮影。
当社新井祐興社長が2014年日本国際貿易促進協会第40回訪中代表団の副団長として北京、貴州省、上海を訪問した。

北京の中南海にて汪洋副総理と会見した。
当社新井社長が2014年度日中経済協会訪中代表団(第40回)副団長として北京、山東を訪問した。2014年9月23日、北京の長富宮飯店にて汪洋副総理と会見した。

2015年4月14日、北京・人民大会堂前にて記念撮影。
当社新井社長が2015年日本国際貿易促進協会第41回訪中代表団の副団長として北京、西安を訪問した。北京の人民大会堂にて李克強総理と会見した。

クレジット:プレス代表(共同通信)提供

2015年11月5日、北京・人民大会堂にて李克強総理との記念撮影。
当社大倉鎮信社長が2015年度日中経済協会訪中代表団(第41回)副団長として北京を訪問した。北京の人民大会堂にて李克強総理と会見した。

当社大倉社長が2016年日本国際貿易促進協会第42回訪中代表団の副団長として北京、重慶を訪問した。2016年4月12日、北京の人民大会堂にて汪洋副総理と会見した。

2016年9月21日、北京・人民大会堂にて張高麗常務副総理との記念撮影。
当社大倉社長が2016年度日中経済協会訪中代表団(第42回)副団長として北京、湖北省を訪問した。北京の人民大会堂にて張高麗常務副総理と会見した。

2017年4月10日、北京・人民大会堂にて李克強総理との記念撮影。
当社大倉社長が2017年日本国際貿易促進協会第43回訪中代表団の副団長として北京を訪問した。北京の人民大会堂にて李克強総理と会見した。